発毛はがんのランキングに関係するか?

投稿日:2017.10.10

がんは国内でも死因のトップを占める怖い病気です。
近年は医療技術の発展によって早期に発見できたがんは治療が可能になっていますが、依然として怖い病気という意識に変わりはありません。
がんと一口に言ってもいろいろな種類があり、発生した部位によって呼び名も変わります。
また地域によっても発症しやすい病気とそうでない病気があり、がんによる死亡率のランキングを都道府県別で見ると上位と下位との間に大きな差があることも分かります。
死亡率のランキングで上位にある県は、男性では東北地方と九州地方が多くなっています。
女性のランキングを見ると男性と同じように東北地方と九州地方にある県が高いですが、首都である東京や関西地方の中心地である大阪も上位にランクしています。

日本人が多くかかるのは胃や大腸に発生するがんです。
食生活の欧米化が影響しているとされています。
がんを含む生活習慣病は一度発病すると完治することは困難ですから、日頃から予防に努めなければなりません。
何より注意したいのが食生活でしょう。
現代人は肉を中心とした料理を食べる機会が多くなっており、一昔前のように魚を使った料理を好んで食べる方が減っています。
魚料理食卓では魚離れが進んでますが、特に若い方や小さいお子さんが魚料理を食べる機会は少ない傾向にあります。
魚にはDHAやEPAと呼ばれる有効成分が含まれており、どちらも血液の流れをサラサラにしてくれる成分です。
子供の脳の発育にも関係しているので積極的に補いましょう。

万一がんを発病すると抗がん剤を使った治療が行われることになります。
治療後は発毛剤などを使って発毛を促進する方もいますが、発毛剤を使用して時間をかけるよりはかつらを使用した方が気分的にも楽でしょう。