発毛の病院治療とお薬まとめ

投稿日:2017.05.21

発毛のための病院は、専門外来での前向きな発毛治療をしていきましょう。
専門外来のでお薬は、フィナステリドやミノキシジル、抗炎症剤やビタミン類が処方されます。
フィナステリドはもともと、髪の毛の治療薬として開発されたわけではありません。
前立腺がんや前立腺肥大症のために使用されていましたが、投与で髪の毛が濃くなる薬効が確認されて、毛髪環境改善にも役立つことがわかったお薬です。
研究が進んで、いまではAGAの脱毛改善効果も認められるようになったものです。

ミノキシジルは、男性型脱毛症治療薬として、高い評価を得ている医薬品です。
毛根部分の血管拡張をサポートする薬品成分でも知られており、発毛にも大きな味方になってくれます。
内服薬と外用薬があって、しようは両方とも可能です。
世界60カ国以上で承認されているのがプロペシアであり、医師による処方で、毎日1回だけ内服するタイプの医薬品です。
有効成分はフィナステリドになります。

AGAの原因はDHTであり、その生成に必要な5α-還元酵素を、プロペシアは阻害することができます。
こうしてDHT生成は抑制されることになるのです。
髪の毛の成長期は長くなりますし、細く弱々しかった髪の毛には、だんだんとハリやコシが出てきます。
発毛の効果が出てきた男性男性型脱毛症を改善していく効果も期待をすることのできる医薬品です。
病院での治療は、頭皮などの検査からスタートしますから、安心で安全な治療をしていくことができます。
専門の医師が診察をしますから正確な情報を得ることができます。
内外治療としては、内服薬と外用薬の処方があります。
毛髪の効果判定としては、経過写真の撮影などをして、発毛の効果を確かめていくことができます。

また頭皮が汚れていることが原因で薄毛になってしまう人はケトコナゾールでフケを抑えることをおすすめします。
ケトコナゾールは塗り薬や飲み薬、またはシャンプーなどにも含まれているので自分に合ったものを見つけましょう。